貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

村上紙器工業所 ウェブサイトリニューアルに向けて

2009年06月04日(木)13:17|ブランディング

アートディレクターの浪本さん(株式会社ランデザイン)から、
今回のリニューアルについて、コメントをいただきました。


“ 貼箱 ”の魅力をどう伝えるのか。
今回のサイトリニューアルに際し、最も力を注いだところはその点だった。

モノづくり企業としての技術力をアピールするだけでなく、
新しい市場層へのメッセージをサイト内にどう織り込むか。
いかに「貼箱を使ってみたい」と思わせるか。
それは村上代表の「貼箱への強い想い」を伝えるよりほかない。
サイト内の随所から村上代表の「想い」が受け取れるような、
メッセージ性の高いサイトを作ることに意味があると考えた。

村上代表は「コミュニケーション」を大切にしている貼箱職人だ。
その村上代表の日々の活動、出会った人たち、そこから生まれた作品、
そして貼箱そのものについてのコラム記事などを、村上氏自身の言葉で紹介し、
綴ることで、読者により生き生きと素直に伝える。
それを魅力的な写真とデザイン、構築システムがサポートする。
めざしたものは、いわば「主観」と「客観」が画面上で穏やかに調和したサイトだ。
今後「貼箱界の伝道師」村上氏の活躍とともに、
より魅力的なコンテンツが満載のサイトへと成長していくことを期待している。

平成21年6月1日 
株式会社ランデザイン 浪本浩一

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント




このページの先頭に戻る